天赦園【宇和島市観光協会】
観光スポット
このページのホームからの位置はホーム > 観光スポット > 天赦園

前へ次へ
【ここから本文】 ここから本文

天赦園

四季折々の風情が水面に映る伊達政宗ゆかりの命名、幕末の国事斡旋の舞台ともなった大名庭園。

白藤太鼓橋

七代藩主、伊達宗紀(むねただ)(春山)が隠居の場所として建造した池泉廻遊式(ちせんかいゆうしき)庭園。名の由来は、伊達政宗が隠居後詠んだ

馬上に少年過ぎ 世は平にして白髪多し
残躯は天の赦す所 楽しまずして是を如何せん


という漢詩から採ったもの。 書院式茶亭である潜渕館(せんえんかん)は、大正11年、昭和天皇陛下が皇太子のころ、天赦園御成の際の御座所にあてられたこともあります。

太鼓橋状の藤棚や珍しい竹に感激

園内には多くの藤棚があり、中でも池上にかかる太鼓橋式の藤棚にかかる白玉藤は、この園ならではの風景となっています。また、伊達家の家紋「竹に雀」にちなみ、さまざまな珍しい種類の竹が池を巡るように植栽されています。毎年6月の上旬になると、花菖蒲が満開になり、またひとしおの眺めとなります。

春雨亭からの眺め

Tensha-en Garden

Tensha-en is a typical Japanese garden with a large pond in the center. It was constructed to be the retreat of Munetada, Date's 7th lord, after his retirement. Various flowers are in bloom at all seasons. Wisteria and iris are particularly beautiful.

ちょっと見どころ

網引石

牛の姿に似た臥牛石や起牛石、虎のような虎吠石、船の係留に使用された珍しい形の海石などが庭園内に配置されています。

クリックで地図を拡大表示

天赦園

お問い合わせ先 住所:宇和島市天赦公園
電話:0895-25-2709
営業時間
4月〜6月 8時30分〜17時
7月〜3月 8時30分〜16時30分
休館日 12月第2月曜日〜2月末期間の月曜日、12月28日〜12月31日
入場料金 大人300円/中学生100円/小学生50円  (※団体割引あり)
公式ブログ 天赦園ブログ
所要時間
※JR宇和島駅起点
徒歩の場合: 20分
バスの場合: 12分(150円)
(天赦園前下車すぐ もしくは 東高校前下車⇒徒歩3分)
タクシーの場合: 630円
駐車場 無料
観光バス駐車場あり(1台分)
バリアフリー
対応状況
車イスでも概ね見学可能
前へ次へ

ここから他のページへのリンク
宇和島観光パンフレット請求フォーム
闘牛.com
   2014年10月2日更新
   2014年9月26日更新
   2014年9月11日更新
うわじま牛鬼まつり
ANAの旅作 ANAのおすすめ旅行パッケージ
きさいや広場 公式サイト