JavaScript機能をONにしてください。 宇和島の遺産【宇和島市観光物産協会】
観光スポット
このページのホームからの位置はホーム > 観光スポット > 宇和島の遺産

ここから本文

宇和島の遺産 Legacy of Uwajima

歴史を語る宇和島の遺産それぞれの時代の空気を伝える、郷土に残る歴史の証言者たち。

歴史資料館

建物は明治17年(1884)創建された旧宇和島警察署庁舎を移築復元したもので、国の登録有形文化財です。

樺崎砲台跡

安政2年(1855)宇和島湾の守りとして、山を切り海を埋めて築造された砲台跡で、五門の砲が据えられていました。当時宇和島に来ていた村田蔵六の考案とされています。歴史資料館の横にあります。

多賀神社

別名凸凹神堂と呼ばれ、性的風俗のコレクションで有名。古来より延命栄寿、治病子授け、健康の霊験あらたかな神社として知られています。境内の粟島神社は特に婦人病に効くとされています。

公式サイト:http://www3.ocn.ne.jp/~dekoboko/

Legacy of Uwajima

There are some historical monuments remindful of Uwajima in old days. Among them are City Museum of Historical Artifacts, which was the former Uwajima Police Department building (a rare Western-style building then), the remains of Kabasaki Battery and Taga Shrine, which is famous for its collection of articles related to sexual matters.

前のページへ次のページへ