JavaScript機能をONにしてください。 周辺観光ガイド【宇和島市観光物産協会】
周辺観光ガイド
このページのホームからの位置はホーム > 周辺観光ガイド > 周辺観光ガイド

ここから本文

周辺観光ガイド Guide

内子町(うちこちょう)

古くから交通の要所で、木鑞(もくろう)の町として栄えました。江戸時代から明治にかけて建てられた商家、民家、土蔵が軒を連ねる「八日市・護国(ようかいち・ごこく)の町並み」は有名。かつての豪商屋敷「上芳我邸(かみはがてい)」も見学できます。

大正5年に建てられた芝居小屋「内子座」は今も現役で、芝居や落語などの会場として活用されています。

内子さんぽ https://www.we-love-uchiko.jp/

八幡浜市(やわたはまし)

四国の西の玄関として栄え、九州との海上交通の拠点としてフェリーが行き交い、「伊予の大阪」とも呼ばれました。四国一の規模を誇り、活気あふれる「魚市場」や森林浴の森日本100選に選ばれた「諏訪崎(すわざき)」、いけす釣りのできるおさかな牧場「シーロード八幡浜」やシーマーケットなどがあります。

八幡浜市観光物産情報サイト https://yawatahama-kankou.com/

大洲市(おおずし)

「伊予の小京都」ともいわれる、肱川に沿って広がる城下町。古い町並みの「おはなはん通り」や明治の銀行を再整備した「おおず赤煉瓦館」、庭園と贅を尽くした屋敷が美しい「臥龍山荘(がりゅうさんそう)」など、古き良き時代の面影を残すまちです。情緒あふれる「鵜飼(うかい)」や「いもたき」も楽しめます。

伊予の小京都「大洲市観光協会」 http://www.oozukankou.jp/

西予市(せいよし)

NHKの大河ドラマ「花神」の舞台となった古い町並みの残るまち。中町には二宮敬作(にのみやけいさく)やオランダおイネの住居、高野長英(たかのちょうえい)の隠れ家、などが残っています。国の重要文化財に指定されているハイカラな校舎「開明学校」や宇和町ゆかりの偉人・賢人の業績をたたえる「宇和町先哲記念館」もあります。

せいよじかん|西予市観光協会 https://seiyojikan.jp/

鬼北町(きほくちょう)

広見川を中心とした清流のまち。原生林と渓谷美が素晴らしい成川(なるかわ)渓谷は名瀑の多さでも知られていて、有名なものだけでも12の滝があります。付近にはふるさと料理の食べられるペンション&レストラン「成川渓谷休養センター」もあります。

また、四万十川源流の節安(せつやす)渓谷には「節安ふれあいの森」があり、わさび園やログハウスをはじめ自然を楽しむいろいろな施設が完備されています。

鬼北町観光情報 https://www.town.kihoku.ehime.jp/life/4/33/

松野町(まつのちょう)

渓谷と滝が美しい「滑床(なめとこ)渓谷」の入り口にある「水際のロッジ」は、上高地の帝国ホテルをモデルに造られたリゾートホテルです。全国的にも珍しい淡水魚専門の水族館「おさかな館」や昭和初期の俳人「芝不器男(しばふきお)」の記念館もあります。

森の国まつの 松野町公式観光ナビ http://matsuno-kankou.com/

愛南町(あいなんちょう)

南予レクレーション都市の中心で、美しい御荘湾を見渡せる「宇和海展望タワー」や「南レク御荘プール」のほか、海底から引き上げられた「紫電改(しでんかい)」の展示館などがあります。

また、日本の渚100選にも選ばれた須ノ川海岸は、キャンプ場や公園が整備され、夏は海水浴客でにぎわいます。さらに、荒々しい海蝕崖がそそり立つ天嶬(てんぎ)の鼻など自然の見どころも多くあり、標高1,065メートルの篠山(ささやま)は、春はアケボノツツジでピンクに染まり、西海海中公園ではグラスボートに乗って海中の熱帯魚が優雅に泳ぐ様を眺めることができます。

愛南町観光協会公式サイト - 愛南まるごと観光情報 https://www.ainan-marugoto.jp/

四万十市(しまんとし)

四万十川下流域に位置するまち。全国のカヌーファンが訪れる「カヌー館」、宿泊や温泉入浴が楽しめる「山村ヘルスセンター」や天文台があります。碁盤の目状の町並みをはじめ、夏の風物詩となっている「大文字の送り火」や京都の石清水八幡宮を勧進して建立した不破八幡宮など、京都ゆかりの地名や行事が数多く残り、「土佐の小京都」と呼ばれています。

四万十市観光協会 https://www.shimanto-kankou.com/

宿毛市(すくもし)

土佐藩家老山内氏の城下町として栄えたまち。板垣退助とともに立志社設立に参加した林有三など多くの人材を輩出しています。幕末から大正時代にかけて若者たちの社会訓練の場となった若衆宿である「浜田の泊屋」は有名。洋上24kmにある沖の島は石段と石垣が多く素朴な島の生活がしのばれます。

すくも観光ナビ https://sukumo-darumayuhi.jp/

土佐清水市(とさしみずし)

古くから天然の良港で、遠洋漁業の根拠地。四国最南端の足摺岬(あしずりみさき)は切り立った断崖絶壁に太平洋の荒波が砕け散りダイナミック。灯台を中心とした自然遊歩道は椿のトンネルとなっています。海蝕・風蝕による奇岩が連なる竜串には、美しい海底の様子を観察できる「竜串(たつくし)海中公園」があります。

土佐清水市観光協会 https://www.shimizu-kankou.com/

須崎市(すさきし)

県内屈指の天然の良港があり、古くから港町として栄えました。土佐の地中海と呼ばれる穏やかで美しい横浪三里(よこなみさんり)があります。

須崎市観光協会 http://susakishikankou.com/
次のページへ