JavaScript機能をONにしてください。 吉田町のみかん【宇和島市観光物産協会】
スペシャル企画
このページのホームからの位置はホーム > スペシャル企画 > 吉田町のみかん > みかんの代表温州みかんの種類

ここから本文

vol.9 日本屈指のみかん生産地 吉田町のみかん Mandarin orange of Yoshida-cho.

宇和島市吉田町で収穫時期で変化する温州(うんしゅう)みかんの種類
みかんの代表温州みかんの種類

一般的に“みかん”というと温州みかんを呼びますが、温州みかんは栽培方法や収穫時期によって味も名前も様々に変化します。ここでは温州みかんの品種を、旬の時期や味と併せてご紹介します。

旬な温州みかんカレンダー
7月温室みかん温室みかんの写真:クリックで拡大

甘さはもちろんのこと、コクとまろやかさのある濃厚な味でクセになります。

ビニールハウス内で栽培される事から“ハウスみかん”とも呼ばれています。

9月グリーンハウスグリーンハウスの写真:クリックで拡大

程よい甘さと、酸味が効いたみかん。

外は青くても、中はしっかりオレンジ色に色づいています。

さっぱりとした酸味が、暑さの残る季節にぴったりです。

10月極早生みかん極早生みかんの写真:クリックで拡大

みずみずしく爽やかな酸味。

果肉が柔らかく、食感も良いみかんです。

爽やかな香りも楽しめます。

11月早生みかん早生みかんの写真:クリックで拡大

極早生よりさらにコクと甘みが出て、程よい酸味を残しています。

甘ったるいだけじゃない、みかんらしい味です。

12月南柑20号南柑20号の写真:クリックで拡大

愛媛の南地域に最も適した品種。

栽培が始まって70年、愛媛みかんの定番です。

甘さはもちろん、独特のコクと風味でファンが多いブランドみかんです。

宇和島市吉田町で採れるみかんの中でも、オススメ品種のご紹介!
その他様々なみかん

吉田町では温州みかんの他にも、様々な品種のみかんを栽培しています。

中でもとっておきの品種をいくつかご紹介します。

高級みかん

せとか【2月下旬〜3月中旬】 デコポン【3月中旬〜3月下旬】
せとかの写真:クリックで拡大   デコポンの写真:クリックで拡大
『清見』と『アンコール』をかけあわせたものに、『マーコット』をかけあわせて平成10年にできた品種です。
テレビ等で取り上げられ、人気上昇中!ジューシーな果汁、濃厚な甘さと、とろける食感が魅力です。
  抜群の味と香りが人気で、幅広い年代にファンが多いデコポン。
ユニークなネーミングと形がさらにファンを離さないのではないでしょうか。高糖度で甘くて濃厚、グルメな柑橘です。

新種みかん

はるみ【2月下旬】 南津海(なつみ)【5月上旬】
はるみの写真:クリックで拡大   南津海(なつみ)の写真:クリックで拡大
『清見』のジューシーさと、『ポンカン』の甘さが一つになり、みずみずしく濃厚な果汁が魅力。ぷちぷちとした食感がたまりません!
外皮はやわらかく簡単にむけ、内皮も薄いのでそのまま食べられます。
  『吉浦ポンカン』と、『カラマンダリン』をかけあわせてできた品種。
初夏収穫の中ではめずらしく、甘い柑橘です。
前のページへ次のページへ