JavaScript機能をONにしてください。 磯釣り釣記(くじ引き・磯に降り立つ)【宇和島市観光物産協会】
スペシャル企画
このページのホームからの位置はホーム > スペシャル企画 > 磯釣り釣記 > くじ引き・磯に降り立つ

ここから本文

vol.5 磯釣り釣記 The account of SURFCASTING

02くじ引き

写真:島に近づく
画像クリックで写真拡大

大小の島々が集まる場所が近づいて来た。船が減速を始めた。磯に到着したのかと思いきや、釣り人を乗せた数十隻の船が停泊していた。時折、船同士が近づき、何か長い棒の様な物を差し出し、差し出された方の船の人が、その先の筒のような物から何かを取り出している。私にとって初めて見る光景で、けげんそうな顔をしていると、「あれは、くじ引きをしとるんよ。この船にも近づいて来るから間近でみたら?」と、一人の釣り人が声を掛けて来た。「何のくじ引きですか?」とすかさず聞き返すと、

写真:ポイントを決めるくじ引き
画像クリックで写真拡大

「あれは、最初の磯を決めるくじ引きなんよ。あれが無かったら、みんな好き勝手に好きな磯に行くけん、人気のある所とか収集つかんようになるけんね」と教えてくれた。この時は少し意味がわからなかったが、後で理解できた。

いよいよ、私が乗っている船に、くじを持った船が近づいて来た。長い竹竿の先にある筒を差し出され、私たちの船の代表者が船首に立ち、くじを一本引いた。そのくじの結果をみて、釣り人達はなにか相談を始め、何かを船長に告げると、再び船が動き始めた。

写真:くじを引く釣り人

午前 6時   くじを引く釣り人 

03磯に降り立つ

写真:岩場に降り立つ釣り人達
画像クリックで写真拡大

釣り人たちがしきりに島を指差し、「あそこにつけてくれ!あそこに!」と口々に言い始めた。しかし、釣り人達が指差す先には、桟橋どころか砂浜のような海岸もない。でも船は、そこに向けて一直線に向かっている。やがて船は、船首からそのままゆっくりと磯に着けた。というか、突っ込んだ。そのまま、エンジンを吹かしながら微妙に潮に流されそうな船を操作し、磯に着けた船首が離れないように押し付けている。その間に、釣り人達は片手に荷物を持って素早くその岩場に降り立ち、残りの荷物は、バケツリレー方式で次々と釣り座近くに運ばれていった。なんというチームプレイなのだろう。

写真:岩場に張り付いたようにも見える釣り人達
画像クリックで写真拡大

やがて、その磯を選んだ釣り人を残し、船は次なる磯に向かうため、その場を離れた。離れていく時に、先ほど数人が降り立った場所を改めて見て驚いた。身動きできる範囲は数メートルもなく、また足場も見る限り数十センチと言ったところではないだろうか。遠くから見ると人が岩に張り付いてるようにも見える。こんなところで釣りをするのかと思うと少し驚いた。しかし、釣り人達は、身軽に磯上を歩き、釣り座の選定を始めていた。

今度は私たちが降り立つ磯が近づいて来た。見た所、海面からわずか3〜4メートルほどの高さで、直径5メートルほどの小さな岩礁だ。大きな波でもくればひとたまりもない場所である。船はじわじわとそこに近づき、先ほどと同じように、舵とエンジンで上手く微調整しながら船を磯に押し付けている。私は素早く岩場に降り立ち、先ほどの要領で船からバケツリレー方式で降ろされる荷物を、平らなところに置いていった。釣り人達との一体感を感じ、少し気持ちがよい。船は残り数人の釣り人を乗せて、さらに次なる磯へと向かっていった。船が離れ磯上に残された時、大自然の中にいる気持ち良さを感じた。なんという雄大で清々しい光景なんだと。

写真:足場の狭い岩場に移る釣り人

やがて、私たちが乗っていた船が目の前の磯に着けたので、慌ててカメラを構えた。写真を見て頂ければ分かるように、私たちが降り立った所よりさらに小さく、直径というより長さと言ったほうが正しいだろう。長さ10メートル、幅2メートル、海からの高さなんかほとんどないような小島と言うよりは岩礁に降り立った。釣り人達は怖くないのだろうか。

私と同じ場所に降り立った釣り人が、竿を出し、着々と準備を始めたころ、島の影から太陽の強い光が差し込んできた。「そうか、まだ早朝だったんだ。」と改めて実感した。

写真:朝日が岩場から顔をのぞかせた

午前 6時15分   朝日が顔を出す 

前のページへ次のページへ