JavaScript機能をONにしてください。 遊子水荷浦の段畑(インタビュー2)【宇和島市観光物産協会】
スペシャル企画
このページのホームからの位置はホーム > スペシャル企画 > 遊子水荷浦の段畑 > インタビュー2

ここから本文

vol.3 遊子ゆす水荷浦みずがうらの段畑 DANBATA in Yusu Mizugaura

「この段畑を維持していくのは大変なんやけど、その大変さに値打ちがあるんよ」

段畑での農作業は、経済効率からいうとまったく成り立たない重労働なのだそうです。

地元の方々がこの景観を残そうと努力をして「守って」くれています。

…「段畑を守ろう会」結成…

これまでは年寄りたちが必死になって畑を作ってきたけんど、これからはわしらや若いしらで、この素晴らしい自然を子供らに残していかないけんということで、地元を中心に「守ろう会」ができたんよ。

行政も協力してくれて予算なんかつけてくれて、このあいだ2段ほど整備できたんよ。

いっぺんには整備できんけんど、少しずつでも昔の景色に近づけたいしね。

「段畑を守ろう会」
詳しくはこちら

…崩れた石は半分は使えない…
詳細

この石垣が崩れて修理しようにも、崩れ落ちた石は、片方は太陽で焼けたり雨風で風化してもろくなっとるんで、すぐに壊れて使い物にならんのよ。

半分くらいは再利用できる石もあるけど後は新しい石を持ってきて補修していかんといけんけん大変なんで、下から運んでくるだけで一苦労、機械で運ぶわけにはいかんしね。

こうやって補修していくのにも、この隙間にはこの石がちょうどはいるかどうか考え

ながら直していきよるんで。

ほ〜れピッタリ合うやろ。

この作業はやっぱり慣れと感やな、本当はあんたらのような力のある若いしにやってもろうたらええんやろうけど、経験がないともっと大変やしな・・・・・


…畑を踏まないで…

最近この段畑も有名になってきて、観光に来た人らが畑に入って踏み荒らしてしまうことが多くなってきて、地元の人から苦情がでることもあるんよ。

写真撮ろうとしてですね。

だからわしらも看板を建てて注意しよるんよ、「畑を踏むな」って。

ええ、看板がありましたね。

今日は写真を撮りに来てる人が多いな。

さっき聞いたら、九州から、15人くらいで来られてるそうですよ。

まぁこの人らの撮った写真がいろんなところで宣伝になって・・・・・ありがたいことですらい。


段畑を守るのはたいへんな重労働なんですね…。

段畑の見方が変わりました。

快くお話を聞かせてくださった松田さん、ありがとうございました。

詳細2詳細1

おまけ・・・

水荷浦からの帰路は、行きと違うルートで戻りました。

宇和海の美しい眺めを見ることができました。


前のページへ次のページへ